米寿のお祝いにオリジナルの言葉を入れたプレゼント

昔は88歳まで生きること自体が稀であったため、米寿のときには盛大に祝う習慣が根付きました。

現在は昔よりも平均寿命が大幅に伸びたことで、米寿のお祝いのための関連商品の種類も多彩になりました。

孫や子供から米寿祝いの贈り物をするときには、商品に名入れをして祝いの言葉を伝えることが流行しています。

感謝の気持ちを口で直接に伝えるのは恥ずかしいと思うことがありますが、名入れにすれば積極的にプレゼントをすることができます。

米寿まで長生きすることは本当にめでたいことですから、家族や親戚が揃ってプレゼントを贈ることも珍しくありません。

ただ単に品物を渡すよりも、心のこもった言葉が入ったものを渡したほうが相手も感動します。


米寿のお祝いとしてハンカチを贈るときには、刺繍によって言葉を添えることができます。

刺繍のための文字の種類は多彩に選ぶことが可能で、色彩も豊かにすることができます。

春の時期であれば花の模様も添えながら、ありがとうの気持ちを入れることで素晴らしい贈り物となります。

刺繍ができるのはハンカチだけでなく、衣服でも同様です。

冬の寒い時期であれば、セーターに刺繍をして贈っても喜ばれます。


お酒を米寿祝いのプレゼントとして贈るときにも、名入れのサービスを利用できます。

お酒のラベルに言葉を入れることが簡単にできますから、対応する業者のもとへは多くの依頼者が訪れます。

大抵は子供や孫からの依頼となりますが、場合によっては友人たちが共同で作成することもできます。

昔の会社仲間や同級生の依頼によって、後世の時代にも残る贈り物をすることもできます。


杖を名入れにしてプレゼントすることも喜ばれ、体を大切にしてもらいたいという気持ちを孫から祖父母へと伝えるためにもなります。

杖を名入れにする場合には、名前を刻字して感謝のメッセージも添えると特に喜ばれます。

古風な雰囲気にしたいときには、書体を行書風にすることもおすすめです。

ひ孫から贈る場合には、可愛らしい文字を刻字してもらうことも有効です。


米寿祝いは人生のうちで1回だけの出来事ですが、誰でも経験できるわけではありません。

88歳まで長生きできたことに感謝をするのは誰でも同じで、まわりの家族にとっても感慨深い心境となります。

米寿のお祝い品に添える言葉が格調高いものであることが重要ではなく、本当の感謝の気持ちがこもっているかどうかが大事です。

難しい単語を使わなくても、ありがとうの気持ちが素直に伝わる文章であれば相手の心を掴むことができます。

米寿祝いのプレゼント【人気ランキング】はこちらですのトップページへ