米寿祝いの心に残るプレゼントの選び方

米寿とは、米の字が「八」と「十」と「八」に分解できることから、八十八歳を祝うこととされています。

プレゼントとして使われる色としては、金茶色が多く、黄金色や金色などが使われます。

しかし、どのようにすれば心に残るプレゼントを選ぶことが出来るのだろうと、悩んでしまうこともとても多いはずです。

しっかりとポイントをおさえておくと、とても心に残る素敵なプレゼントを選ぶことが出来るでしょう。

まず、のし袋を贈る場合です。

このような場合の熨斗は紅白、または金銀の蝶結びのものを使います。

しかし、注意しなければならないのは、結婚式などと同じ結び切りを選ばないようにすることです。

また、米寿という言葉にかけて稲穂をそえたりすると、とても素敵です。

プレゼントの選び方としては、家族の愛情がつたわるようなものがとても喜ばれます。

家族の写真がつまったフォトフレームやアルバムなどもよいですし、家族皆で食事に出かけるのもよいです。

但し、八十八歳となると高齢なので、外出がなかなか難しい場合もあります。

たまの外食をしたいと本人が望んでいるのなら、そのようにしてあげた方が良いですが、その場合も個室をとるなどして過ごしやすい空間をセッティングすることが大切です。

もしも体調の関係などで難しい場合は、自宅でデリバリーなどをしてお祝いをするようにしましょう。

最近は自宅のホームパーティーもセッティングから演出、料理、すべてをしてくれる所がありますし、中には料理人が来てくれるものもあります。

それらを利用すると、自宅で楽しく祝うことが出来るでしょう。

また、夫婦ともに健在であるのならば、夫婦で使うことが出来る夫婦ちゃわんや夫婦湯呑みなどがとてもおすすめです。

その際はあまり重くないものを選ぶようにしましょう。

また、派手な柄のものではなく、口あたりがやさしい感触のシックな色合いと柄のものが良いです。

逆に、NGなのは老眼鏡や補聴器などは避けた方がよいです。

実用的すぎるものなので、喜ばれないことが多いためです。

また縁起が悪い四や九の字を連想させるプレゼントもNGです。

くしなどが典型です。その他、お茶も葬儀の時などに使われることが多いので、お祝い事の贈り物としてはNGです。ハンカチは手切れとされるため、これもよくありません。

このように、米寿のプレゼントの選び方には色々なポイントがあります。

ポイントをおさえた選び方として、しっかりと心に残るプレゼントを贈るようにしましょう。

米寿祝いのプレゼント【人気ランキング】はこちらですのトップページへ